ようこそ河南町のふーさんのページへ








史跡金山古墳公園
古墳時代後期の双円墳/河南町芹生谷(かなんちょうせりたに)





芹生谷の国道から古墳公園を見渡す〜空のうろこ雲に映えていた 1946年(昭和21年)に見つかつた際の副丘の横穴式石室が調査され 石室は全長10.6m、玄室羨道にそれぞれ家型石棺を一つづつ置く。 全国的にも珍しい日本最大の瓢形双円墳 (ひようたん形) 主丘径55.4m、副丘38.6m、周壕をもち、それらを含めた全長は104m 墳丘は三段構造で、各段に貼り石を貼ったテラスが周る。



石室の前にある幅4.2mの墓道から須恵器が出土し、 石棺に穴があき盗掘を受けたらしいが、丸玉・銀環、金銅製金具片・鉄製革帯金具や土器が残されたらしい。 そして、主丘でも墓道とともに墓道暗渠、墳丘内暗渠が確認されている。


金剛山や河内平野を展望できる南河内の豊かな田園風景の向こうに
自然と歴史の散歩道「河内ふるさの道」が開けている








前ページへ戻る